今後もプロの中国語の翻訳家の需要は落ちることはまずないでしょう

国旗スタンプ

翻訳ツールの限界と翻訳方法についての理解

翻訳に関してインターネット上にはサイトで翻訳ツールというものが充実していて、単語や文章を検索して翻訳ができるようになっていますが、日本語というのはとても表現が多彩であり、日本語と英語を自動翻訳で試してみると、意味が正確ではないことが多いのは確かです。文法上の違いということも大きく、その点では韓国語と日本語での翻訳であれば、かなり正確性の高い文が仕上がるのですが、英語と日本語だと大きく意味が変わってしまったりします。ですからそうした翻訳ツールを使うことは参考にはなるのですが、すべてを依存して作業するわけにはいかないのが現実です。
翻訳しているときに、日本語の言葉にマッチにする外国語がない、あるいはその逆も時々あります。そのようなときにはどのように訳するのがよいのでしょうか。その場合には意味を伝えるようにすることがポイントです。必ずしもぴったりした意味ではないかもしれませんが、その言葉の雰囲気に合うことを説明するような感じで、それに近い雰囲気の言葉に訳することができるでしょう。例をあげれば、日本語のお疲れ様でしたという言葉は英語にはありませんので、それが語られた背景や雰囲気を理解して英語の文に訳していくことができるのです。

TOP