今後もプロの中国語の翻訳家の需要は落ちることはまずないでしょう

国旗スタンプ

翻訳の仕事を携わる人は

私達の周りで英会話が堪能な人がたくさん増えてきました。グローバル化の時代にあって、自然な成り行きかもしれません。しかし、英語がペラペラに話せる人が必ずしも、翻訳が出きるかというと、どうでしょうか?翻訳にも色々なジャンルの翻訳があります。
洋画の翻訳もあれば、海外製品のマニュアルなどを翻訳して、日本語マニュアルを作成する仕事もあります。ジャンルによっては、翻訳ならではの経験値やノウハウが必要になってくると思います。洋画の翻訳であれば、ストーリーの進み具合や登場人物の心理描写から表現が変わってくることがあります。見る人に分かりやすい日本語を字幕スーパーの限られたスペースで簡潔明瞭に表現することが必要です。
また、海外製品の取扱説明書を日本語マニュアルに翻訳することも、慎重な解釈が必要でしょう。特に技術的な知識を持っておかないと、標準的な翻訳だと、意味が通じないことも大いにありそうです。
事故や怪我にならないようにするには、正しい使い方を指南できるように、翻訳後も何度もレビューしておくことが大事です。そのようなことを考えると、単に英語ができるというだけでなく、その道のエキスバートになる必要が出てくると思われるのです。

TOP